2017.09.24 08:20

高知県土佐清水市で宗田節入札を2018年春に再開 5年ぶり

最高の505トンの宗田節が出品された産地入札即売会(1990年4月13日、土佐清水市浦尻)
最高の505トンの宗田節が出品された産地入札即売会(1990年4月13日、土佐清水市浦尻)
 宗田節の全国有数の産地である土佐清水市の土佐清水鰹(かつお)節水産加工業協同組合(武政嘉八組合長)は23日までに、出品量減少で2013年を最後に中止していた宗田節の産地入札即売会を来年4月に再開することを決めた。今年、メジカ(マルソウダ)は記録的不漁で出品量確保に不安は残るが、市のメジカ産業再生プロジェクトが今春始動したのに伴い、節産業再興へ足並みをそろえた形だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済幡多


ページトップへ