2017.09.23 08:00

小社会 江戸時代、街道の要衝にはかごかきが、渡し場には…

 江戸時代、街道の要衝にはかごかきが、渡し場には船頭や人足がいて旅人を運んだ。幕末、英国の青年外交官アーネスト・サトウは外国人が舟に乗るのを拒む船頭に度々手を焼いた、と「一外交官の見た明治維新」に記している。

 初めて接したであろう異国人にも気後れすることなく突っぱねた、というからなかなかの頑固者。中にはかなりの荒くれ者もいた。彼らを束ねる「頭(かしら)」ともなると、相当な器量が求められたろう。同じく幕末の東海道・品川宿の問屋場の主人、浮浪(はぐれ)の旦那のように。

 漫画家ジョージ秋山さんの代表作「浮浪雲」が、「ビッグコミックオリジナル」最新号で最終回を迎えた。44年間、1039話の長い旅だった。自由気ままな遊び人ながら、時に深い人生訓をさらりと語って引きつける。

 浮世のつらさにこわばった心の「こり」がほぐされる。そんな感覚を何度も味わわせてもらった。秋山さん自身は「世間に訴えようとかね、そういう気持ちは昔から一切、ない」。

 自分は正しいと言い立てる大きな声が幅を利かす。誰かを蹴落とさなければ人生の競争に勝てない時代。ひょうひょうとした生き方が愛され続けた理由は、そんなところにもあろう。

 最終回、締めの一句は〈はぐれぐもひとつ/青い空/潮騒寂し〉。群れずに一人生きていくのは勇気がいる。難しいからこそ憧れるのも人の常。見上げればいつもそこに浮浪雲はある。


9月23日のこよみ。
旧暦の8月4日に当たります。みずのと うし 八白 大安。
日の出は5時54分、日の入りは18時02分。
月の出は8時31分、月の入りは20時01分、月齢は2.9です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時21分、潮位48センチと、13時34分、潮位63センチです。
満潮は7時35分、潮位191センチと、19時33分、潮位192センチです。

9月24日のこよみ。
旧暦の8月5日に当たります。きのえ とら 七赤 赤口。
日の出は5時55分、日の入りは18時00分。
月の出は9時27分、月の入りは20時37分、月齢は3.9です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時53分、潮位49センチと、14時03分、潮位76センチです。
満潮は8時12分、潮位182センチと、19時58分、潮位186センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ