2016.02.03 11:15

高知の土佐経済同友会・代表幹事にミロク社長の弥勒美彦氏

弥勒美彦氏
弥勒美彦氏
 土佐経済同友会は2日、通常総会を高知市内のホテルで開き、任期満了に伴い退任した代表幹事の小川雅弘氏(ティーエルホールディングス社長)の後任に副代表幹事の弥勒美彦・ミロク社長(58)を選任した。

 弥勒氏は「土佐経済同友会の提唱する県民総幸福度(GKH)など価値の高い活動を引き継ぎ、県民に広く知ってもらえるよう努力を続けていきたい」とあいさつで述べた。

 総会には委任を含め157人が出席。ココプラ(高知県産学官民連携センター)との共催セミナーなど2016年度の事業計画や2015年度の活動報告を承認した。また首都大学東京の山下祐介准教授が「地方創生への道」と題して講演した。

 土佐経済同友会は現在、2人の代表幹事(任期4年)がおり、もう1人は2014年選任された吉沢文治郎氏(ひまわり乳業社長)。

 弥勒美彦氏(みろく・よしひこ)東京工業大理工学研究科修士課程修了。富士ゼロックスを経て1999年ミロク製作所(現ミロク)に入社し、2001年から社長。2007年に土佐経済同友会に入会し、2012年から副代表幹事。

カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ