2017.08.15 08:00

小社会 俳人、金子兜太さんの句に〈梅咲いて庭中に青鮫が…

 俳人、金子兜太(とうた)さんの句に〈梅咲いて庭中に青鮫(あおざめ)が来ている〉。寒紅梅が咲いた早春の自宅の庭。はて、なぜそこに青鮫が? 話は先の大戦で、西太平洋トラック諸島の夏島に赴任したころにさかのぼる。

 現在のミクロネシア連邦チューク州。高知県とは森小弁の縁でつながる。戦時中、米軍の潜水艦や戦闘機に日本の船が攻撃され、サンゴ環礁の周りに多くの死体が浮いた。それを狙って寄ってきたのが青鮫だった。

 夜明けの庭の空気は南洋の海のように澄んでいる。ぽっと咲いた紅梅の花が血の色を連想させるのか。平和な暮らしの中でも、ふとした時に戦地の残酷な青鮫の姿が浮かび上がる。刻み込まれた戦争の映像は、いくら歳月が流れても簡単には消せない。

 72回目の「敗戦の日」が巡ってきた。戦争を知る世代が高齢化し、証言を得るのが年々難しくなっている。一方で体験者たちが残した記録や、思いを託した文芸作品は数多い。それらを通しても「戦争を知る」ことはできる。

 空爆で黒焦げの島を飢餓が襲う。金子さんは「何人死んでくれたら、あとこの芋で何人生きられるか」を計算した。深い自己嫌悪と罪の意識が、反戦の意思を高めたと振り返っている。

 あの夏、こうべを垂れて玉音放送を聞いた人々が耐えていたのは、暑さだけではなかったろう。どんな思いが胸に去来していたのか。それを知ろうとすることは、後の世代の務めである。


8月15日のこよみ。
旧暦の6月24日に当たります。きのえ いぬ 二黒 大安。
日の出は5時28分、日の入りは18時52分。
月の出は23時47分、月の入りは12時37分、月齢は22.7です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で5時09分、潮位67センチと、17時03分、潮位98センチです。
満潮は11時28分、潮位152センチと、23時21分、潮位169センチです。

8月16日のこよみ。
旧暦の6月25日に当たります。きのと ゐ 一白 赤口。
日の出は5時29分、日の入りは18時51分。
月の入りは13時42分、月齢は23.7です。
潮は長潮で、干潮は高知港標準で6時27分、潮位64センチと、18時30分、潮位112センチです。
満潮は13時13分、潮位149センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ