2016.03.24 17:42

記事スクラップ




読んで考え、書く習慣を


 たくさんのニュースから、求める情報を取り出し、読み解き、意見をまとめ、関心を広げる―。スクラップは言語能力や社会性、職業観などを養うのにぴったりの新聞活用法。世の中の仕組みを学ぶ小中学生から、入試や就職を控えた高校生・大学生、社会人、高齢者まで、幅広く親しまれています。
 ポイントは、集めた記事をどう活用するか。記事を読んで何をどう考えたのか、自分の言葉で伝えることにチャレンジしてみてください。
 「各種シートのダウンロード」にある「記事スクラップシート」には、記事を貼る欄の横に掲載日や見出し、記事を選んだ理由や感想を記すスペースを設けています。「貼ったら何か書く」と意識し、考えをめぐらせながら記事を読んでいきましょう。
 「初心者や幼い子どもには難しい」という時には、写真や広告、漫画を扱ってもOK。写真に見出しや感想を付ける、広告を見て分かったことをまとめる―。そんな手軽な取り組みでも、子どもの感性や社会性、言語能力は伸ばせます。
 スクラップは、続けていくことがとても大切です。一つのスクラップが終わったら、次のスクラップ記事候補を決めましょう。ニュースの続報を追い掛けたり、記事の中で気になった言葉が使われている別の記事を探したり…。子どもたちの関心を広げるよう、多彩な記事に触れられる工夫を凝らしてみてください。

カテゴリー: 新聞を知ろうNIE


ページトップへ