2017.06.30 08:30

高知県須崎市のしんじょう君パリ再訪へ 7月のジャパンエキスポで観光PR

「ジャパンエキスポ」に参加する「しんじょう君」と事業者ら(高知県の須崎市役所)
「ジャパンエキスポ」に参加する「しんじょう君」と事業者ら(高知県の須崎市役所)
 高知県須崎市のキャラクター「しんじょう君」が、7月6~9日、パリで開かれる日本ポップ文化の祭典「ジャパンエキスポ」に参加する。2016年に続いて2回目で、今回はインバウンド(訪日外国人客)誘致や特産品の外商に力を入れるといい、6月29日には報道陣を前に「たくさんの人に来てもらえるように頑張るよー☆」とPRした。

 「ジャパンエキスポ」は、パリ近郊で毎年開かれる見本市。仏企業が主催し、アニメやゲーム、伝統芸能など日本文化を紹介している。期間中は延べ20万人以上でにぎわうといい、しんじょう君は2016年に初めて招かれた。

 須崎市は今回、観光振興策として、現地で「アンバサダー」のオーディションを行い、2、3人を須崎市に招いて会員制交流サイト(SNS)などで情報発信してもらう事業を企画した。専用ブースでは、からすみや黒ニンニク、木工製品などを扱う市内外の5業者と一緒に物販も行う。

 同行する須崎市元気創造課の守時健さん(31)は「しんじょう君の発信力を生かし、観光振興につなげたい」と意気込んでいた。

カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ