2017.06.28 08:00

小社会 29連勝の新記録を打ち立てた14歳の棋士、藤井聡太…

 29連勝の新記録を打ち立てた14歳の棋士、藤井聡太四段。ある対局が深夜までずれ込んだため、父親が対局場所まで迎えに来てくれた。その時の映像を見た作家、小川洋子さんのコメントが毎日新聞に載っていた。

 「この子はこんなすごいことをしているのに、まだ夜1人では帰れないぐらいの子供なんだな」。対局中の何事にも動じない集中力。「僥倖(ぎょうこう)」「望外」といった言葉を用いる大人びたコメントからはそうは見えないが、確かにまだ中学生。偉業とのギャップに改めて驚かされる。

 人工知能の時代。高段者の棋譜がデータベース化され、藤井四段も活用するコンピューター将棋ソフトも多彩だ。そうした材料を使い、誰も思いつかない新手をどう考案するか。それはひとえに人の力にかかっていよう。

 「新手一生」は、初の三冠(名人・王将・九段)となった升田幸三名人の言葉。幾多の天才が編み出した定跡から新手が生まれ、やがてそれが定跡となり、定跡を覆すような新手がまた生まれる。その道を究めようと一生努力する者を、プロの将棋指しと呼ぶのだろう。

 「単純にもっともっと強くなりたい」と藤井四段。一方で学校から帰るとおやつを食べながら新聞を読む。テレビはあまり見ないが、NHK「ブラタモリ」で息抜きもする。

 小欄のようなおじさんとも、うまが合いそうだ。ギャップも含めて、新手一生を志す天才棋士から目が離せない。


6月28日のこよみ。
旧暦の閏5月5日に当たります。ひのえ いぬ 五黄 先負。
日の出は4時58分、日の入りは19時20分。
月の出は9時19分、月の入りは22時41分、月齢は4.0です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時46分、潮位89センチと、15時07分、潮位25センチです。
満潮は8時24分、潮位177センチと、21時47分、潮位176センチです。

6月29日のこよみ。
旧暦の閏5月6日に当たります。ひのと ゐ 四緑 仏滅。
日の出は4時58分、日の入りは19時20分。
月の出は10時21分、月の入りは23時18分、月齢は5.0です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で3時36分、潮位90センチと、15時50分、潮位42センチです。
満潮は9時15分、潮位164センチと、22時30分、潮位169センチです。
カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ