2017.05.31 08:30

高知新聞・土佐古地図ナビ第2話 鏡川をさかのぼる

 古地図を手に高知新聞記者らが高知県内各地を歩いて身近な歴史を紹介する年間企画「土佐古地図ナビ」。第二話は、高知市を流れる鏡川を水陸から探索します。

 水上からは、記者らが江戸時代の高知城下に住む商家の娘と女中に扮(ふん)して舟遊びをしながら川をさかのぼる「歴史再見」。おてんばな2人は父親に内緒で早朝に家を抜け出して和船に乗り、当時の生活や川の風景を体感します。

 陸上からは、高知市教育委員会民権文化財課の梶原瑞司さん(57)と川沿いを歩く「史跡散策」で鏡川周辺の歴史をたどります。

 町歩きのスタート地点は、高知市農人町の堀川沿いにある「三ツ頭番所跡」。およそ200年前の古地図を持って、鏡川へGO!

...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能土佐古地図ナビ文化


ページトップへ