2017.05.26 08:10

小社会 日露戦争の時代、歌人の与謝野晶子の「君死にたまふ…

 日露戦争の時代、歌人の与謝野晶子の「君死にたまふこと勿(なか)れ」を、高知県出身の批評家・大町桂月が「乱臣、賊子(ぞくし)」と激しく攻撃したのは有名だ。2人の間で論争になった。しかしお互いはその文才を高く評価し、論争後も交流は続いた。

 晶子は夫、鉄幹が創刊した「明星」で、堂々とした詩歌論を展開。桂月も文章、実生活ともに虚飾を嫌う人だった。論敵ではあっても人間として認め合う間柄である。

 論争から100年以上がたち、与謝野馨元財務相の訃報を聞いた。鉄幹、晶子夫妻の孫に当たる。囲碁や天体観測など多彩な趣味を持つが、飛び込んだのは祖父母の文学とは異なる政治の世界。自民党時代に要職を歴任し、幅広い分野の政策通として知られた。

 与謝野さんといえば、真っ先に「財政再建」の4文字が浮かぶ。大借金を抱えた日本の財政立て直しに執念を燃やした。転機は7年前。新党立ち上げに加わり自民党から除名された。
 
 その後、当時政権の座にあった民主党・菅内閣の経済財政担当相に就任した。「変節」との批判はあったが、晶子流に倣えば、きのうの敵であっても、政策実現で認め合えるなら…。そんな柔軟な心があったように思えてくる。

 与謝野さんは税と社会保障の一体改革に道をつけて、政界を去った。しかし安倍政権は2度も消費税増税を延期し、道はかすんでいる。懐の深い自民党時代の政治家がまた一人、鬼籍に入った。


5月26日のこよみ。
旧暦の5月1日に当たります。みずのと うし 八白 大安。
日の出は4時59分、日の入りは19時07分。
月の出は5時26分、月の入りは19時30分、月齢は0.3です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で5時40分、潮位192センチと、18時55分、潮位193センチです。
干潮は12時16分、潮位10センチです。

5月27日のこよみ。
旧暦の5月2日に当たります。きのえ とら 九紫 赤口。
日の出は4時59分、日の入りは19時08分。
月の出は6時21分、月の入りは20時37分、月齢は1.3です。
潮は大潮で、干潮は高知港標準で0時37分、潮位70センチと、13時02分、潮位-12センチです。
満潮は6時20分、潮位192センチと、19時44分、潮位191センチです。
カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ