2017.05.23 08:10

小社会 麦秋。麦が熟れて刈り入れを迎えるころ。初夏の陽光…

 麦秋。麦が熟れて刈り入れを迎えるころ。初夏の陽光を吸い込んだようにまぶしい金色の穂が風にそよぐ。命の輝きを感じる時季。野鳥たちも子育てに忙しい。〈燕(つばくろ)の普請仕舞へば子持哉(かな)〉乙由(おつゆう)。

 先日の本紙に心温まる話が載っていた。香美市土佐山田町の民家の納屋。はりにあったツバメの巣がヒナもろとも床に落ちた。気づいた住人が代わりに籠を置いたところ、親がまたせっせと餌を運ぶようになった。

 警戒心が強い野鳥は異変を察知したら、巣を放棄することもあると聞く。それだけにまずはひと安心である。一方、島根県の水田ではコウノトリがサギと間違われ、ハンターに撃たれて死んだ。雌の5歳。この春つがいとなり、ヒナ4羽が生まれたばかりだった。

 突然の「伴侶」の死を知ってか知らずか、残された雄がヒナに餌を与えていたというのも哀れを誘う。結局、ヒナは兵庫県で繁殖に取り組む「コウノトリの郷(さと)公園」が保護した。

 日本では絶滅した野生のコウノトリ。同公園を拠点に人工飼育した個体の野生復帰が進んでいる。その数は徐々に増え、昨年には幡多地域に幼鳥が飛来しているのも確認されている。

 自然の中で傷ついたり病気で死んだり。各地の空を再び多くのコウノトリが舞うようになるまでには、まだまだ試練があろう。乗り越えるにはコウノトリの生命力はもちろん、一度は絶滅させてしまった人間の温かな見守りが要る。


5月23日のこよみ。
旧暦の4月28日に当たります。かのえ いぬ 五黄 先勝。
日の出は5時01分、日の入りは19時05分。
月の出は3時11分、月の入りは16時01分、月齢は26.6です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で3時42分、潮位173センチと、16時24分、潮位169センチです。
干潮は10時05分、潮位32センチと、22時18分、潮位56センチです。

5月24日のこよみ。
旧暦の4月29日に当たります。かのと ゐ 六白 友引。
日の出は5時00分、日の入りは19時06分。
月の出は3時52分、月の入りは17時10分、月齢は27.6です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で4時22分、潮位181センチと、17時16分、潮位182センチです。
干潮は10時48分、潮位14センチと、23時06分、潮位59センチです。  

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ