2017.05.21 08:05

小社会 旧制一高生の藤村操が日光の華厳の滝に身を投じた…

 旧制一高生の藤村操が日光の華厳の滝に身を投じたのは、1903(明治36)年5月22日。〈万有の真相は唯(ただ)一言にして悉(つく)す。曰(いわ)く「不可解」。我この恨みを懐(いだ)いて煩悶終(はんもんつい)に死を決するに至る〉。滝のそばの樹を削り「巌頭之感」として記した。

 真理とは何であるか。人生とは何か。すべては不可解と言うに尽きる。「我国に哲学者なし、この少年に於(おい)て始めて哲学者を見る」。安芸市出身の新聞人、黒岩涙香が「万朝報(よろずちょうほう)」にそう書いたこともあって後を追う者が続出した、と以前の高知新聞にある。

 自らの境遇や将来の夢、恋愛。若い人がさまざまな問題にぶつかり、思い悩むことは今に始まったことではないだろう。思い詰めて死を選ぶ。そんな悲劇も少なくなかったかもしれない。それにしても現状は異様に映る。

 厚生労働省がまとめたことしの自殺対策白書。15~39歳を五つに分けた各階層で、死因の1位が自殺だった。若年層の自殺死亡率は以前から、先進国の中でも高い。過労自殺、いじめ、広がる格差。多くの言葉が頭をよぎる。

 自殺は自由意思による選択であり、個人の問題とする考え方もある。だが「それは誤解だ」と専門家は言う。ほとんどは意思とは関係なく追い詰められた末の死である、と。

 だとすれば彼らを追い詰める社会の側の要因を、一つずつ取り除いていくことだ。自殺の原因をいつまでも「不可解」に負わせるわけにはいかない。


5月21日のこよみ。
旧暦の4月26日に当たります。つちのえ さる 三碧 大安。
日の出は5時02分、日の入りは19時04分。
月の出は1時55分、月の入りは13時52分、月齢は24.6です。
潮は若潮で、満潮は高知港標準で2時12分、潮位154センチと、14時19分、潮位139センチです。
干潮は8時30分、潮位72センチと、20時28分、潮位58センチです。

5月22日のこよみ。
旧暦の4月27日に当たります。つちのと とり 四緑 赤口。
日の出は5時01分、日の入りは19時04分。
月の出は2時32分、月の入りは14時55分、月齢は25.6です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で3時00分、潮位163センチと、15時27分、潮位154センチです。
干潮は9時20分、潮位53センチと、21時27分、潮位57センチです。
カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ