2014高知豪雨
2014年9月26日朝刊

安芸市で台風災害復旧に16億円 市負担1億6000万円

 8月の台風11号の被害で、安芸市の災害復旧費が約16億円に上ることが25日までに、安芸市の概算で分かった。11月に国の災害査定が行われる予定で、安芸市の負担額は1億6千万円程度になりそうという。

 安芸市によると、台風で穴内海岸の堤防が約162メートルにわたり決壊したほか、道路30カ所、河川16カ所、橋1カ所などが被災。被害額は概算で15億6800万円。

これらとは別に園芸ハウスで全半壊70棟、ビニール破損383棟、建物で全半壊など29件、浸水21件の被害があった。

 安芸市は穴内海岸の応急復旧費7800万円を専決処分。24日開会の安芸市議会9月定例会に提出した補正予算案にも、新たな復旧費12億9900万円を盛り込んだ。

 今後さらに、道路復旧などに1億3千万円程度が必要とみており、12月定例会などに補正予算案を提出する方針。

 横山幾夫市長は「近年にない大きな補正となったが、市民生活をできる限り早く取り戻すことが大事。今後も強固な道路整備を国県に要望しつつ、早期復旧できる体制づくりを進める」としている。





・「2014高知豪雨」前の記事へ ・「2014高知豪雨」次の記事へ
・「2014高知豪雨」トップへ
・「高知新聞」ホームへ

 

総カウント数
本日は
昨日は