2014高知豪雨
2014年8月16日朝刊

飲料用水道18日にも再開 窪川地域浄水場の応急復旧完了

 高知県高岡郡四万十町は15日、台風11号による大雨で被災した窪川浄水場(同町神ノ西)の応急復旧が完了し、断水が続く窪川地域への飲料用水道水の供給再開が、早ければ18日になる見通しを明らかにした。

 町によると、止まっていた浄水場のろ過設備、電源装置は、15日までの復旧作業で再稼働。ろ過水の水質検査結果が17日に判明する見込みで、基準を満たせば、18日以降に飲料水としての利用ができるようになる。

 中尾博憲町長は、「再開まで、給水所での水の配布など対策に最善を尽くす。もう少しの辛抱をお願いしたい」としている。

 窪川地域は10日、2500世帯に水道水を供給する同浄水場が浸水し、断水。町は11日夜から、風呂や洗濯などに使える「生活用水」の供給は再開したが、飲料水としては使用できない状態が続いている。




・「2014高知豪雨」次の記事へ
・「2014高知豪雨」前の記事へ
・「2014高知豪雨」トップへ
・「高知新聞」ホームへ

 

総カウント数
本日は
昨日は