2014高知豪雨
2014年8月13日朝刊

田野町の製塩体験施設が被災 再開は数カ月先か

 高知県安芸郡田野町の製塩体験施設が台風11号で被災し、見学や体験の受け入れができなくなっている。田野町は再開に数カ月かかるとみている。

 施設は、完全天日塩を手掛ける田野町の「田野屋塩二郎」への見学・体験希望が増えたため、田野町が昨年9月に本格オープン。中芸地域の目玉観光施設の一つになっている。

 田野町によると、10日朝までに、体験作業をするビニールハウスの天井が数カ所破損。大量の雨水などが入り、結晶化途中の塩水が全て使えなくなった。

 新たな塩作りには、屋根を修復後、海の濁りがなくなり、くみ上げて濃縮するのに1〜2カ月、ハウス内で結晶化させるのに3〜4カ月かかるという。

 田野町は施設を休止し、7件72人の予約も全てキャンセルした。田野町まちづくり推進課は「申し訳ない。万全の状態で再オープンしたい」としている。




・「2014高知豪雨」前の記事へ       ・「2014高知豪雨」次の記事へ
・「2014高知豪雨」トップへ
・「高知新聞」ホームへ

 

総カウント数
本日は
昨日は