2014高知豪雨
2014年8月13日朝刊

地滑り兆候収束 大豊町の国道32号で通行止めを解除

 地滑りの恐れから通行止めになっていた高知県長岡郡大豊町寺内の国道32号は、5日に不通になってから7日ぶりとなる12日午後2時、通行が可能になった。管理する国土交通省土佐国道事務所によると、計器や目視による観測の結果、地滑りの兆候が収束傾向になったためだという。

 通行止め解除を受け、国土交通省などが高知自動車道の大豊インターチェンジ(IC)―徳島道・井川池田IC間などで実施していた通行無料措置も、12日午後4時で終わった。




・「2014高知豪雨」前の記事へ       ・「2014高知豪雨」次の記事へ
・「2014高知豪雨」トップへ
・「高知新聞」ホームへ

 

総カウント数
本日は
昨日は