2014高知豪雨
2014年8月13日朝刊

四万十市商工会と黒潮町の温泉施設が断水世帯を支援

 台風11号の影響により、高知県四万十市西土佐江川崎で断水が続いていることを受け、西土佐商工会は12日までに、四万十市商工会が販売するミネラルウオーター「高知・四万十川の名水」(500ミリリットル入り)24本セットを139世帯に無料配布した。

 支援物資として「高知・四万十川の名水」セットを購入する場合は、通常3360円(税込み)を2400円(税込み)に割引する。問い合わせは四万十市商工会(0880・52・1276)へ。

 また、高知県幡多郡黒潮町拳ノ川の宿泊施設「土佐佐賀温泉こぶしのさと」は11日、高岡郡四万十町の断水世帯向けに、入浴料の割引を始めた。

 断水地域の住民であることを申し出れば、中学生以上は通常600円を400円に、小学生以下は通常300円を200円にする。水道が復旧するまで続ける。問い合わせは、こぶしのさと(0880・55・7011)へ。 




・「2014高知豪雨」前の記事へ       ・「2014高知豪雨」次の記事へ
・「2014高知豪雨」トップへ
・「高知新聞」ホームへ

 

総カウント数
本日は
昨日は