2014高知豪雨
2014年8月11日朝刊

各地で浸水や土砂崩れ 停電は27市町村で7.8万戸

 台風11号の被害は高知県全域に広がり、南国市稲生では少なくとも床上4棟、床下26棟が浸水した。香南市の浸水被害は、野市町中ノ村や夜須町で床上7棟、床下25棟以上に上りそう。土佐市宇佐町の萩谷川沿いの住宅地でも20棟以上が漬かった。

 土砂災害も頻発。10日午前0時半ごろ、高岡郡四万十町勝賀野で民家の裏山が幅約80メートルにわたって崩れ、一部が民家に流入した。高岡郡津野町北川の民家でも10日午前1時ごろ、裏山の土砂崩落で家の大部分が埋もれた。いずれもけが人はなかった。

 安芸市と安芸郡芸西村では、ビニールハウスの浸水や倒壊が相次いだ。室戸市では9日深夜から10日未明にかけて停電が発生。水道水を高台の池にくみ上げるポンプが止まり、最大約2600世帯が断水したが、10日夜までに順次復旧した。

 四国電力によると、高知県内の停電は27市町村で総計7万8867戸に上った。



・「2014高知豪雨」次の記事へ
・「2014高知豪雨」前の記事へ
・「2014高知豪雨」トップへ
・「高知新聞」ホームへ

 

総カウント数
本日は
昨日は