2014高知豪雨
2014年8月9日朝刊

高知県内、交通に乱れ JR全面運休へ

 台風11号の影響でJR四国は、8日午後1時半から土讃線・須崎―窪川間の運転を見合わせた。

 9日は阿波池田―窪川間で全ての列車の運転を見合わせ、代替バスも運行しない。予土線も近永―窪川間で始発から運転を見送る。土佐くろしお鉄道は中村宿毛線、ごめん・なはり線の全線で始発から運転を見合わせる。

 高知龍馬空港発着の空の便では、8日夜の時点で9日の名古屋便の欠航が決まった。

 地滑りの危険がある長岡郡大豊町の国道32号は通行止めを継続。7日にいったん規制を解除していた大豊町の国道439号・粟生―大滝間は、台風接近に伴って8日午前11時から再び通行止めとした。

 高知市の県道春野赤岡線(桂浜花海道)も満潮時などの越波の恐れがあるとして、8日午後3時から原則通行止めとなった。

 高知市は9日、市立の28保育園を全て休園にする。文化施設では高知県立美術館などが9日は休館とするが、高知県立文学館と龍馬記念館は開館予定。香南市の高知県立のいち動物公園は9日、高知市のわんぱーくこうち・アニマルランドは9、10日とも休館する。



・「2014高知豪雨」次の記事へ
・「2014高知豪雨」前の記事へ
・「2014高知豪雨」トップへ
・「高知新聞」ホームへ

 

総カウント数
本日は
昨日は