2014高知豪雨
2014年8月9日朝刊

台風11号あす未明に高知県に上陸か 大雨に備え厳戒

 強い台風11号は8日、勢力を保ったまま鹿児島県・種子島の南南東の海上を北上し、10日未明以降、高知県に上陸する可能性が高まった。高知県内では台風接近に備え、鉄道全線で9日の運行見合わせが決まったほか、9日に予定されていたよさこい祭りの前夜祭も中止になるなど影響が各方面に拡大。高知県内の多い所で時間雨量120ミリの猛烈な大雨も予想されており、高知県や市町村などは河川の氾濫や土砂災害に備えて厳戒態勢に入った。 

 高知県内では8日早朝以降に全域で雨脚が強まった。吾川郡仁淀川町の鳥形山で8日午後の1時間に48・5ミリの雨量を観測。四万十市の中村や須崎市、高岡郡津野町の船戸でも30ミリを超える激しい雨が降った。

 台風周辺の湿った空気が流れ込んでいる影響で、大気の不安定な状態が続いており、室戸市室戸岬町では8日午前、突風で民家の窓ガラスが割れるなどの被害が発生した。

 高知地方気象台は、9日早朝から深夜にかけての時間雨量が高知県西部の多い所で110ミリ、中部で100ミリ、東部で120ミリの記録的な大雨を予想。10日午前0時までの24時間雨量は多い所で600ミリで、さらに11日午前0時までが300〜500ミリと見込んでいる。

 高知県内では、台風12号などによる記録的な大雨に追い打ちをかける形になり、地滑りの危険箇所が広がっている長岡郡大豊町などで土砂災害に対する最大限の警戒が必要。河川の氾濫、増水に備えた早めの避難も求められそうだ。

 9日にかけて予想される最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。高知地方気象台は、9日の波の高さが12メートルと「異常な高さの波」を予想しており、潮位が高くなる大潮の時期を迎えていることを踏まえ、高潮への警戒も呼び掛けた。

 台風は8日午後11時現在、種子島の南南東約210キロの海上をゆっくりと北へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。中心の半径170キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

【写真】大雨による氾濫に備え、久万川沿いに土のうを積む作業員(8月8日午後4時10分ごろ、高知市万々)



・「2014高知豪雨」次の記事へ
・「2014高知豪雨」前の記事へ
・「2014高知豪雨」トップへ
・「高知新聞」ホームへ

 

総カウント数
本日は
昨日は