2016年の参院選で高知県と徳島県の選挙区が「合区」となる。  抱える課題、文化・歴史も違う県同士。現在、高知県の有権者数は約62万人。合区となれば徳島県の約64万人が加わり、候補者は今の2倍以上の票を奪い合うことになる。さらに選挙区の面積も一気に1・5倍に広がる。 候補者は地域にどんな思いを持っているのか。それを有権者はどう見るのか。初めての選挙区制度を特集する。


※左から届け出順。≪≫は当選回数。略歴は本人の申告による。敬称略。
  
大西聡(53)
(おおにし・そう)
無所属・新
(民進、共産、社民推薦)
 福山 正敏(45)
(ふくやま まさとし)
諸派・新

 中西 祐介(36)
(なかにし ゆうすけ)
自民・現≪1≫

ページトップへ