2017.05.19 08:30

高知市桂浜の「とさいぬパーク」が5/19閉鎖 闘犬見納めか 

大型連休中はにぎわった桂浜の闘犬場。闘技の後は観客から拍手が湧いた(5月5日、高知市浦戸)
大型連休中はにぎわった桂浜の闘犬場。闘技の後は観客から拍手が湧いた(5月5日、高知市浦戸)
 「とさいぬパーク」(旧土佐闘犬センター)の建物が経営者の破産で明け渡されることに伴い、高知市の桂浜にある闘犬場は5月19日限りで閉鎖になる。闘犬観光はこのまま消えてしまい、「これにて見納め」となるのか。国内ただ一つの常設の闘犬場として半世紀にわたって観光名所で人気を集めた施設の幕切れには、戸惑いや存続を求める声も上がる。桂浜の再整備を計画している高知市の岡﨑誠也市長は「(闘犬場を高知市の直営で)残す考えはない」と語り、計画自体にも闘犬場の再整備を明示していない。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ