2017.05.15 08:25

高知県土佐市で「宇佐もん一本釣りうるめ祭り」ウルメイワシ料理

脂の乗ったウルメイワシ料理の定食。祭り期間中は参加18店舗が多彩なメニューを提供する
脂の乗ったウルメイワシ料理の定食。祭り期間中は参加18店舗が多彩なメニューを提供する
 一本釣りうるめ祭り」が5月14日、始まった。企業組合「宇佐もん工房」(所紀光代表理事)の主催で、5月31日まで。

 宇佐地区特産のウルメイワシのおいしさを多くの人に知ってもらおうと、脂の乗り始める時季に毎年開いている。

 一本釣りで揚がったウルメを、参加店舗がそれぞれのメニュー、価格、時間帯で提供。刺し身やウルメ丼、フライや煮付け、パスタやカルパッチョ、サラダなど、さまざまな料理が用意されている。

 所代表は「生食のおいしさも年々知られるようになってきた。いろいろな楽しみ方ができる魚。ぜひ、産地の土佐市に来ていただきたい」と話している。

 18店舗を掲載したチラシは土佐市高岡町甲の集客施設「ドラゴン広場」などで配布している。問い合わせは、宇佐もん工房(088・856・1146)まで。

カテゴリー: 社会グルメ高知中央


ページトップへ