2017.04.26 08:20

ゴールデンウイーク中の高知県のイベント 海、山、街へ!

 空と木々が色を増し、ゴールデンウイーク(GW)が目前に迫ってきました。高知県内のお勧めイベントを一挙紹介!(県内地図の数字はイベント開催場所)



(1)【東洋町】5/3,4 白浜五社神社祭
 東洋町の白浜の五社神社で、5月3日は午後6時から宵宮。出店が並び、舞の奉納などがある。4日の本祭では、午前11時にみこしが境内を出発。町中や海岸を巡り、午後8時ごろの宮入りでは、みこしとだんじりが激しく競り合う。東洋町産業建設課(0887・29・3395)。

(2)【室戸市】5/3 御田祭
 室戸市吉良川町の御田八幡宮で、2年に1度行われる。子宝人形を女性たちが奪い合う演目が有名で、国の重要無形民俗文化財に指定されている。祭りは鎌倉時代から伝わるとされ、午前7時から氏子が「ヨッピンピーロ」と唱えながら町を巡る「練り」を披露。午後1時からは八幡宮の拝殿で、五穀豊穣(ほうじょう)を祈って「牛」「田植」など多彩な演目が行われる。室戸市生涯学習課(0887・22・5142)。

(3)【馬路村】4/29,30,5/3~7 魚梁瀬森林鉄道の乗車体験
 馬路村魚梁瀬丸山公園内にある1周400メートルのコースで、復元された森林鉄道の機関車や客車に乗車。小学生以上は運転体験もできる。午前10時~午後3時半。
 料金は中学生以上400円、3歳から小学生は200円。運転体験は1人千円。ともに天然の魚梁瀬杉で作った切符がもらえる。平日の5月1、2日も予約すれば体験可能。魚梁瀬温泉(0887・43・2240)、または馬路村役場魚梁瀬支所(0887・43・2211)。

(4)【安芸市】5/4,5 あなごうまつり
 安芸市伊尾木の海食洞「伊尾木洞」と、国の天然記念物に指定されているシダ群落が広がる約400メートルの遊歩道を、保存会を組織する住民らの無料ガイドで散策できる。ちらしずしなどの軽食、地場産品の販売もある。両日とも午前10時~午後3時。小雨決行。伊尾木公民館(0887・35・7456)。

(5)【香美市】4/29シカニクの日!
 香美市物部町別府のべふ峡温泉で、午前10時~午後3時。串焼きや鉄板焼きで鹿肉を楽しめる。三嶺周辺で深刻化している、シカ食害を紹介する写真パネル展も開く。午後1時からはいざなぎ流舞神楽の演舞も披露される。当日は中学生以上で通常620円の入浴料が、午後5時まで200円(2歳未満無料)。香美市観光協会(0887・52・8560)。

(6)【香美市】5/3 ちびチャリピクニック
 香美市香北町美良布の香美市立やなせたかし記念館(アンパンマンミュージアム)前の広場で午前10時~午後3時。特設のコースで、ペダルのないランニングバイクを楽しめる。対象は2~6歳程度。1回500円でタイムトライアルにも挑戦できる。バイクは5台用意し、持参も可。アメゴの塩焼きや雑貨を売る屋台も出る。「わらびの」主催(畠中智子代表、090・1579・3400)。

(7)【香南市】4/30 どろめ祭り
 香南市の赤岡海浜で午前10時~午後3時。男性1升、女性5合の日本酒の飲みっぷりを競う「大杯飲み干し大会」は午後1時から。参加受け付けは午前9時半から30分間。小学校低学年対象のウナギ・アサリのつかみ取り(1回300円)や漁船パレード(午前11時40分~)、「フィンガー5」の晃さんの歌謡ショー(午後0時20分~)なども。香南市商工会(0887・54・3014)。

(8)【大豊町】4/29~5/7 ゆとりすとパークGWイベント
 大豊町のゆとりすとパークおおとよで、多彩な催しが開かれる。ドングリや粘土、間伐材などを使ったクラフト教室や、自作の紙飛行機や竹とんぼを飛ばす大会を予定。5月3~6日はミニSLなどの走行会もある。ゆとりすとパーク(0887・72・0700)。

(9)【大豊町】5/3 連休まつり
 旧穴内小学校校庭で、午前10時~午後4時。昭和レトロがらくた骨董(こっとう)市。お宝、がらくたの持ち込み歓迎。合わせて市に並べる。大豊町役場から国道32号を北へ車で約5分。穴内を元気にする会の中西三男さん(090・1009・1372)。

(10)【土佐町】4/30 春のまるごとよさく市
 旧石原小学校前の直販所「やまさとの市」で午前10時~午後3時。地元産のイタドリなどの山菜やタケノコずし、うどん、餅、炊き込みご飯、アメゴの塩焼きなどを販売。土佐町役場から国道439号を西へ車で約15分。いしはらの里協議会(0887・72・9328)。

例年、多くの人でにぎわうイベントの数々。今年はどこに出掛けますか?

(11)【高知市】5/3~7 高知城謎絵巻
 高知公園で午前10時~午後5時。「金田一少年の事件簿」の原作者、樹林伸さん監修のミステリーゲーム。高知城を巡りながら、古地図の暗号を解き明かす。会期中、いつでも参加でき、抽選で景品ももらえる。維新の志士や姫になりきり、高知城をバックに写真撮影できるイベントも。高知城歴史絵巻事務局(070・2313・2837)。

(12)【高知市】5/3~5 こうち春花まつり2017
 中央公園や中心商店街で午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)。中央公園には約4万鉢が並ぶ。ジャアバーボンズのライブが3日間行われるほか、アナウンサーによるステージや戦隊ヒーローショー、よさこい鳴子踊りなどイベントも多彩。各日午前10時から花の苗800株の無料配布も。実行委員会事務局(088・824・8830)。

(13)【土佐市】5/3 宇佐大鍋まつり
 宇佐しおかぜ公園で、地元特産のウルメイワシで作ったつみれ汁を、直径約2メートルの大鍋で炊く。約1500食を準備して、午前11時半ごろから販売。カツオのたたきやウルメイワシの干物なども売っているほか、ベリーダンス、よさこい鳴子踊りが披露される予定。ドラゴン広場観光案内所(088・879・9000)。

(14)【いの町】5/3~5 仁淀川紙のこいのぼり
 不織布で作ったこいのぼり約300匹とタペストリーなどが仁淀川を泳ぐ。仁淀川橋下の河原を会場に、川舟体験、水切り大会、石に絵を描くワークショップなどを開催。小学生までの子ども限定で宝探しも行われる。いの町観光協会(088・893・1211)。

(15)【いの町】5/3~5 本川山菜まつり
 道の駅「木(こ)の香(か)」近くの「本川直売所」で午前10時から、コシアブラやウド、タラなどの山菜や、山菜の天ぷら、うどんなどを販売する。5月5日には木の香前の桑瀬川でアメゴ釣り大会。中学生以上3千円、小学生1500円。幼児無料。また、周辺ではきじラーメン、きじコロッケなども販売。本川直売所(088・869・2455)。
(16)【越知町】仁淀川でカヌー、ラフティング
 カヌー体験は既に始まっており、集合場所は越知丙の「宮の前公園」カヌー庫前。基本、上級の各コースがあり、中学生以上5500円、3歳~小学生4500円。4月29日から始まるラフティングは、鎌井田の旧明治中学校に集合。約4キロの川下り。中学生以上5千円、3歳~小学生4千円。いずれも所要約3時間で、午前と午後の部がある。2日前までに要予約。越知町観光協会(0889・26・1004)。

(17)【中土佐町】5/3 上ノ加江漁協海鮮祭り
 上ノ加江漁港で午前8時半~午後1時、生きたアオリイカなど新鮮な魚介類を販売する。ハモの天ぷらやカツオのたたきのほか、マグロの解体販売を行う予定。和船体験や釣りざおの貸し出し、よさこい演舞なども。雨天決行。上ノ加江漁協(0889・54・0111)。

(18)【四万十町】5/13まで こいのぼりの川渡し
 四万十町十川のこいのぼり公園周辺で、全国から寄贈された色とりどりのこいのぼり500匹が四万十川上空を舞う。近くの展望台(標高180メートル)からの眺めは絶景。5月3日午前10時~午後3時には、イベント「よってこい四万十」を開催。地場産品の販売のほか、新聞バッグ作りや海洋堂フィギュアの絵付けなどの各種体験メニューを用意。四万十町十和地域振興局(0880・28・5111)。

(19)【四万十町】 カフェ3周年祭・新茶祭り
 四万十町いずれも十和川口の道の駅「四万十とおわ」で開催。3周年祭は4月28日まで「おちゃくりカフェ」で抹茶などのオリジナルスイーツを販売する。新茶祭りは5月3~7日。十和の一番茶やスイーツのほか、東北地方の海産物を販売する。岩手県三陸産ホタテの貝焼き実演もある。四万十とおわ(0880・28・5421)。

(20)【黒潮町】5/3~8 Tシャツアート展
 国内外から集まったイラストや写真をTシャツにプリントし、約1200枚を黒潮町の入野海岸に展示。青空と砂浜の間でTシャツがひらひらと揺れ、爽やかな光景が広がる。期間中は地元食材を使ったスイーツや焼きそばなどを販売するほか、5月5、6日は午後7時から砂浜で映画を上映する。Tシャツアート展への協力金として中学生以上に300円を募る。NPO砂浜美術館事務局(0880・43・4915)。

(21)【四万十市】5/3 土佐一條公家行列「藤祭り」
 「土佐の小京都」の礎を築いた一條教房公の中村入府を再現する。室町時代の衣装を着た約180人が公家や従者に扮(ふん)し、一條神社から商店街などを練り歩く。午後1~3時。2017年の教房公役は、高知県出身の歌手、三山ひろしさん。中村商工会議所(0880・34・4333)。

(22)【土佐清水市】5/4~6 ジョン万 海の元気まつり
 土佐清水市養老のあしずり港で午前9時~午後3時。シーカヤックやタイ釣りの体験がそれぞれ千円でできる。テント村には、清水さばの姿ずし、魚(いお)飯などが並ぶ。5月4日には清水さば漬け丼定食を100食販売する。万次郎の復元生家がある中浜まで往復する漁船タクシーも1日2便の予約制で運航されており、1人2千円(小学生以下は半額)。土佐清水市観光協会(0880・82・3155)。

(23)【宿毛市】4/29 宿毛まるごと産業祭
 宿毛市総合運動公園で午前9時~午後3時。特産のキビナゴや小夏をはじめ、市内業者のサンゴ加工品、雑貨などを80のブースで展示販売。県内18のご当地グルメが集まる「うまいもん市」や子ども木工教室もある。土佐くろしお鉄道平田駅から無料シャトルバスあり。宿毛市産業振興課(0880・63・1117)。 

(24)【大月町】5/5 わんぱくフェスティバル
 道の駅「ふれあいパーク大月」で午前9時~正午。輪投げやけん玉などの七つのミッションをクリアするとおもちゃなどが当たるビンゴゲームに参加できる。中学生以下限定。大月町イベント実行委員会(0880・73・1610)。

カテゴリー: 社会行楽ガイド観光


ページトップへ