2017.04.06 08:10

高知FDが徳島に初黒星 マニー1安打

【高知FD―徳島IS】7回表のピンチでマウンドに集まるFD選手(高知球場)
【高知FD―徳島IS】7回表のピンチでマウンドに集まるFD選手(高知球場)
 四国アイランドリーグplusは4月5日、高知球場などで2試合を行った。高知FDは徳島ISに2―5で敗れ、開幕からの連勝は3でストップした。

 FDは1点リードの六回2死から失策と三塁打で追いつかれると、七回にも先発岡部が4連打を浴びるなどして3点を奪われた。

 打線は単打5本。一回1死満塁、二回1死三塁の絶好機を生かせず、ザックの犠飛などで得た2点に終わった。マニーは4打数1安打だった。


徳島IS 5━2 高知FD
 
徳島IS
高知FD

 高知―徳島2回戦(高知1勝1敗、18時、高知、383人)
[勝]投手大蔵1試合1勝
[敗]投手岡部1試合1敗
▽三塁打 李学周▽二塁打 陳品捷、三国、小林
▽試合時間 3時間21分

岡部の好投実らず
 1―1で迎えた七回、好投していた先発岡部がつかまった。1死から4連続長短打などで3失点。決め球のスライダーやツーシームが甘く入ったのは、疲れがあったのかもしれない。

 前半は文句なしの投球だった。テンポ良く投げ五回まで被安打2、6奪三振。球数も61と完投ペースだった。しかし、味方が1点先制した直後の六回2死、祐人の失策をきっかけに適時打を浴びた。

 駒田監督は岡部を責めず、一、二回のチャンスで得点を奪えなかった打線を「工夫が足りない」と嘆いた。ただ、岡部は「味方が点を取れなかったのは僕の投球リズムが悪かったからかもしれない。失策からでも踏ん張らないといけなかった」。敗戦の責任を一身に背負った。

 首脳陣から「エース級」と期待されている岡部。この日のような投球なら、必ず「白星」はついてくる。次回の登板でリベンジだ。


 くだらない試合をやってごめんなさい。今日も勝てると思ったが、油断ですね。岡部を勝たせてあげたかったなあ。  



関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツFDスポーツ


ページトップへ