2017.04.03 08:15

高知FD開幕2連勝 ソフトバンクに9-0 マニー体調不良で欠場

【高知FD―ソフトバンク】4回裏高知1死一塁、銀二郎が左翼ポール直撃の2点本塁打を放つ(高知球場)
【高知FD―ソフトバンク】4回裏高知1死一塁、銀二郎が左翼ポール直撃の2点本塁打を放つ(高知球場)
 四国アイランドリーグplusは4月2日、高知球場などで2試合を行った。高知ファイティングドッグス(FD)はソフトバンク3軍を9―0で破り、6年ぶりに開幕2連勝した。

 FDは一回、1死二塁から安藤の中前打と敵失で先制。二回に敵失で2点加えると、四回には銀二郎が左翼ポール直撃の2ランを放ち、5―0に。八回にも銀二郎の2点三塁打を含む4本の長短打で4点を挙げた。

 先発嘉数は6回を被安打6、無失点の好投。継投の三谷、加藤、ラフも得点を許さなかった。



ソフトバンク 0━9 高知FD
 
ソフトバンク
高知FD
×

高知―ソフトバンク2回戦(高知2勝、13時3分、高知、714人)
勝投手嘉数1試合1勝
敗投手渡辺1試合1敗
▽本塁打 銀二郎1号(2)(高)
▽三塁打 安藤、銀二郎▽二塁打 田城
▽試合時間 3時間1分


FD 胸躍るスタート 好投の嘉数「おごらずに」
 これほど胸躍るスタートはいつ以来か。開幕連勝のFD駒田監督は「いやいや。まだまだですよ」と謙遜するものの、表情は実に明るい。打線が12安打と爆発し、投手も4人の零封リレーで締めたのだから。

 前日スタメンで安打がなかった銀二郎が躍動した。四回の打席。相手左腕が投じた、クロスに入ってきた内角直球は、いつもなら体が開いてファウルにしかならない苦手のボールだった。しかし、「右方向を狙っていたので体がうまく回転した」と自画自賛のスイングで、左翼ポールを直撃する2点本塁打に。八回の最終打席も右への意識で、右中間を深々と破る2点三塁打を放った。

 「これからっす。目標は打率3割」と話す銀二郎。しかし同じ外野のポジションには、けがで戦列を離れている元オリックス深江がいる。復帰も近い見込みで、結果を残し続けないとレギュラーはすぐに剥奪される。競争はますます激しさを増す。

 そして、先発嘉数。初回1死二塁で3、4番を打ち取り、二回は無死二、三塁で後続を断った。緊迫した場面で登板が多かった昨季中継ぎの感覚がよみがえり、「ここからがスタート」と気持ちを立て直せたという。以降も焦ることなく丁寧にボールを低めに集め、6回を無四球、無失点。「前日の(先発)丸山がつくった流れを切りたくなかった」と胸を張った。

 「連勝を謙虚に受け止めたい。決しておごり高ぶらず一戦必勝で」と嘉数。このメンタルが継続できたなら、8年ぶりの“歓喜”を呼び込めそうな雰囲気が、今のチームにはある。


マニー 体調不良で欠場
 FDマニーが開幕2戦目を欠場した。高知球場に集まった714人のファンの中にはマニー目当てに訪れた人も多く、「残念」との声が上がった。

 試合開始30分前。場内アナウンスで、マニーがいないスタメンが紹介されると、スタンドからは「あれ、マニーは? 代打で出るが?」。結局、この日、マニーが出場することはなかった。球団によると、2日朝に体調不良との連絡があったという。

 マニーのユニホームを着ていた高知市の竹内琢真君(6)は「マニーのホームランを見たかった」。3歳の息子と訪れた高知市の武久康高さん(43)は「ニュースで話題になっているので見ておこうと思って来たのに…。1回は見たい。また来ます」と悔しそうに話した。

 一方、十数年来のファンという横浜市の原浩二さん(44)は「マニーだから仕方ない。予想していた」と突然の欠場も“理解”している様子。「日本球界のレジェンド、駒田監督と一緒に写真が撮れたので満足です」と言って高知を後にした。

 2連勝? いやいやこれからです。マニー? 体調不良と言うなら、体調不良なんでしょう。でも彼がいない時も、僕がその分、楽しませますから球場に来てください。  

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツFDスポーツ


ページトップへ