2017.03.21 08:30

センバツで高知県の中村40年ぶり勝利ならず 前橋育英に1-5

試合後、一塁側ベンチ前に整列してあいさつする中村高校ナイン(20日午後、甲子園球場)  
試合後、一塁側ベンチ前に整列してあいさつする中村高校ナイン(20日午後、甲子園球場)  
 第89回選抜高校野球大会第2日は3月20日、甲子園球場で1回戦3試合を行い、21世紀枠で出場の中村は前橋育英(群馬)に1―5で敗れた。初出場で準優勝を果たした1977年春以来2度目の甲子園で、40年ぶりの勝利を目指したが、かなわなかった。

 中村はエース北原野空(のあ)投手が、前橋育英の強力打線相手に辛抱強く投げたが、二回に3安打を許し2点を先制されると、六回にも二塁打を含む4安打を浴び3点を失った。

 攻めては、六回無死二塁の好機を逃すなど、前橋育英投手陣に無得点に抑えられて、九回最後の攻撃を迎えた。1死から4番一円優太選手が右中間を破る二塁打。2死後、岡上颯(はやて)選手が右前に適時打を放ち、一矢報いた。なおも岡本諒選手が左前安打で続いたものの後続を断たれた。

 高知県勢のもう1校、明徳義塾は大会第5日の23日、第2試合(午前11時半開始予定)で早稲田実業(東京)と対戦する。
 
 ▽1回戦
中村   000 000 001━1
前橋育英 020 003 00×━5
(中)北原―中野
(前)丸山、皆川、根岸―戸部
▽二塁打 小池(前)一円(中)
▽試合時間 1時間50分

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ選抜高校野球幡多スポーツ

ページトップへ