2017.03.20 08:20

センバツ開幕 高知県の中村高校と明徳義塾高校も堂々と行進

力強く腕を振って入場行進する中村高校と明徳義塾高校の選手(3月19日午前、兵庫県西宮市の甲子園球場)
力強く腕を振って入場行進する中村高校と明徳義塾高校の選手(3月19日午前、兵庫県西宮市の甲子園球場)
 球春到来―。第89回選抜高校野球大会は3月19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕。中村高校、明徳義塾高校の高知県勢2校も堂々と晴れやかに入場行進した。

 4万4千人のファンが詰めかけた開会式。入場行進曲である星野源さんの「恋」に合わせ、前回優勝校の智弁学園(奈良)を先頭に出場32校が南から北の順に行進した。

 中村高校、明徳高校は6、7番目に登場。選手16人の中村高校はインフルエンザなどのため4人が欠席し、40年前の初出場時と同じ12人での行進となった。両校とも注目校だけに、紹介のアナウンスではひときわ大きな拍手。選手たちは引き締まった表情で甲子園の土を力強く踏みしめた。

 作新学院高校(栃木)の添田真聖主将は「支えてくれる地域の方々への感謝を忘れず戦います」と力強く選手宣誓を行った。

 中村高校は20日午後2時からの第3試合で前橋育英(群馬)と、明徳高校は23日午前11時半からの第2試合で早稲田実業(東京)と1回戦で対戦する。

 大会は準々決勝翌日の休養日を含めて12日間の日程。順調に試合が消化されれば、30日に決勝が行われる。

関連記事

もっと見る

ページトップへ