2017.03.19 08:10

あか牛生産強化へ高知大など13機関連携 ブランド化へシンポ

現状の課題などが報告された褐毛和種生産振興ネットワークのシンポジウム(18日午後、高知県南国市の高知大学物部キャンパス)
現状の課題などが報告された褐毛和種生産振興ネットワークのシンポジウム(18日午後、高知県南国市の高知大学物部キャンパス)
 土佐あかうしなど「褐毛(あかげ)和種」と呼ばれる肉牛のブランド化や付加価値の向上、繁殖技術の開発などに取り組む「褐毛和種生産振興ネットワーク」が設立された。高知大学の呼び掛けで熊本県農業研究センターなど13機関が連携する。3月18日には高知県南国市物部乙の高知大学物部キャンパスでシンポジウムが開かれ、学識経験者が土佐あかうしの肉質向上への取り組みなどを紹介した。
...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 政治・経済主要香長

ページトップへ