2017.03.18 08:20

長州の通行許可証を依頼 高知出身の中岡慎太郎の書状発見

発見された慎太郎の書状(中岡慎太郎館提供)
発見された慎太郎の書状(中岡慎太郎館提供)
 高知県安芸郡北川村出身の幕末の志士、中岡慎太郎(1838~1867年)が、長州領内を倒幕派の志士が移動できるよう“通行許可証”の執筆を長州藩士に求めた書状が見つかったと、中岡慎太郎館(北川村柏木)が3月17日までに発表した。京都市の京都大学付属図書館が所蔵するびょうぶに貼られており、慎太郎が筆跡を使い分けていた形跡もうかがえるという。確認された慎太郎の書状は63通目。4月29日に始まる中岡慎太郎館の企画展で公開する。
...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 文化・芸能安芸

ページトップへ