2017.03.18 08:05

マイナンバーのカード交付は高知県が全国最低5.4%

 総務省は3月17日、マイナンバー制度の個人番号カードについて、自治体別の交付状況(8日時点)を公表した。カードは希望者に配られるが、都道府県別で人口に対する交付率が最も低いのは高知県の5・4%(3万9748枚)だった。

 高知県内の市町村ではカードによる住民票写しのコンビニ交付は行われておらず、高知県市町村振興課は「高知県は利便性を感じてもらえる独自サービスが乏しい」と交付率が低い原因を分析。「カード取得によるメリットが拡充されるのに合わせ、普及を図りたい」としている。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 政治・経済

ページトップへ