2017.03.15 08:25

高知県の中村高校の応援ツアー2日で定員超 3/16チケット配布

 第89回選抜高校野球大会2日目(3月20日)に行われる、高知県の中村高校の対前橋育英高校戦を応援するバスツアーが、募集開始からわずか2日間で想定人数を超え、募集をストップした。中村高生を含め、約60台2400人の市民応援団が甲子園球場に向かう。

 中村高校野球部甲子園出場支援実行委員会が企画したツアーで、3月11日の受け付け開始からインターネットを中心に申し込みが殺到。13日朝には想定した50台2千人を超えた。バスの増発は10台程度しかめどがつかないため、14日の締め切り前に受け付け中止を決定。13日以降は事情を説明して申し込みを断るなど対応に大忙しだった。

 実行委員会事務局の下西誠さん(43)は「想定外だった。応援はありがたいがチケットやバスの確保が難しく、理解をいただきたい」と説明。その上で「学校が主役で、そこに地域が一緒になる。ブラスバンドや応援団、チアリーダーにみんなを引っ張ってもらい、球場全体を巻き込む雰囲気をつくりたい」と話している。

 実行委員会は、ツアー以外でもアルプススタンドの応援団を募る。16日午前10時からアルプス席チケットを応援グッズと一緒に無料配布する。記入済みのバスツアー申込用紙が必要で、詳細や注意点は中村高校や四万十市のWebサイトに掲載。配布場所は四万十市中村大橋通6丁目の空き店舗、高岡郡四万十町琴平町の四万十交通、高知市駅前町の名鉄観光サービス高知支店の3カ所。合計約400枚を予定し、なくなり次第終了する。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ選抜高校野球スポーツ幡多

ページトップへ