2017.03.04 08:30

高知県土佐清水市のジョン万次郎資料館で「ジョン万検定」

維新博に合わせてスタートする「ジョン万検定」(高知県土佐清水市のジョン万次郎資料館)
維新博に合わせてスタートする「ジョン万検定」(高知県土佐清水市のジョン万次郎資料館)
 3月4日に開幕する「志国高知 幕末維新博」に合わせて、高知県内各地の観光施設ではリニューアルが進み、関連した企画展なども次々と始まる。

 もっとジョン万次郎を知って―。高知県土佐清水市観光協会は3月4日、土佐清水市養老のジョン万次郎資料館で、タブレット端末を使ったクイズ「ジョン万検定」をスタートする。万次郎の生誕地・中浜まで船で往復する「漁船タクシー」なども始め、「維新博を機に清水の街を楽しんで」とPRしている。

 ジョン万検定のタブレット端末は20台を用意し、資料館内で無料貸し出しする。ジョン万についての知識を問う4択形式10問の「初級編」だが、「万次郎は、漂着した無人島で何カ月を過ごした?」など難問も。出題数を増やした「上級編」も2018年度をめどに開始する。

 漁船タクシーは1日2便の予約制で1人2千円(小学生以下は半額)。資料館のあるあしずり港発着で、万次郎の復元生家がある中浜まで往復する。午前9時発の便は、中浜で1時間ほど停泊し、午前11時に帰着。午後1時発の便は中浜に加え、清水港の物産館「足摺黒潮市場」近くに停泊し、午後3時40分ごろ帰港する。有料で観光ガイドの予約もできる。

 この他、1日千円で利用できるレンタサイクル22台も用意。資料館や足摺岬バスセンターなど市内5カ所で貸し出す。

 開幕に合わせて3月4、5の両日、資料館入館料や漁船タクシー(午後1時発)、レンタサイクルを無料とする。問い合わせ、申し込みは土佐清水市観光協会(0880・82・3155)へ。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能幕末維新博観光幡多


ページトップへ