2017.02.27 08:45

岩崎弥太郎ゆかりの高知・妙見山の登山道を地元高校生が修復中

狭くなった登山道を拡幅する安芸桜ケ丘高の生徒(高知県安芸市井ノ口甲)
狭くなった登山道を拡幅する安芸桜ケ丘高の生徒(高知県安芸市井ノ口甲)
 高知県安芸市の安芸桜ケ丘高校の生徒が、安芸市出身で三菱グループの創業者、岩崎弥太郎が登ったとされる安芸市の妙見山(標高448メートル)への登山道「志の道」(約1・6キロ)の修復を進めている。地元の要望を受け、2年前に始まった作業は後輩に引き継がれ、全長の約半分で終了した。「志国高知 幕末維新博」が3月始まることから住民は「歩きやすくなった道を観光客にもPRしたい」と期待している。

生徒たちのアイデアでベンチも新設した(高知県安芸市井ノ口甲)
生徒たちのアイデアでベンチも新設した(高知県安芸市井ノ口甲)
 「志の道」は、井ノ口甲の一ノ宮神社から山頂付近にある星神社までの登山道で、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の放映に合わせて2009年度に安芸市が整備した。山頂まで約1時間と、比較的短時間で登れるため住民らに親しまれている。
...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会教育安芸


ページトップへ