2017.02.23 08:15

高知県人口71万人台に 2016年に7500人減、戦前水準

 高知県の人口が1月1日時点で71万人台になったことが、高知県の推計で分かった。「72万人割れ」は国勢調査ベースで見れば、戦前の1940年以来。高知県人口は、1990年から死亡数が出生数を上回る自然減が続いており、近年の減少幅は5千人前後で推移。これに転出数が転入数を上回る社会減を合わせ、2016年1年間で約7500人減っており、雇用創出や少子化対策など実効性のある対応を迫られている現状が改めて浮き彫りになった。
...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 主要社会


ページトップへ