2017.02.17 22:00

日ロ外相、北方領土で交渉促進へ 共同活動実現を目指し

 【ボン共同】岸田文雄外相は17日昼(日本時間同日夜)、ドイツ・ボンでロシアのラブロフ外相と会談した。昨年12月の日ロ首脳会談で合意した北方四島での共同経済活動の早期実現を目指し、政府間交渉を促進させる方針を確認。4月に想定する安倍晋三首相の訪ロに向けた調整の加速も申し合わせる見通しだ。

 岸田氏は冒頭「共同経済活動と元島民による4島への自由な往来について日ロ両首脳の指示を早期に実現したい」と強調。北朝鮮問題を巡る連携に意欲を伝えた。

 ラブロフ氏は、世耕弘成経済産業相の1月の訪ロに触れ、次の日ロ首脳会談へ環境整備が進んでいるとの認識を示した。
カテゴリー: 政治

ページトップへ