2017.02.07 08:45

2/8高知市の坂本龍馬記念館で「龍馬の話と一絃琴を聴く会」

 高知市浦戸の高知県立坂本龍馬記念館で2月8日、「『龍馬のお話』と『一絃琴』を聴く会」が開かれる。

 「『龍馬のお話』と『一絃琴』を聴く会」では、まず高知県立坂本龍馬記念館の前田由紀枝学芸課長が龍馬の家族と一絃琴の関わりについて解説。その後、清虚洞一絃琴宗家4代目の峯岸一水さんが、司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」に登場する「土佐海(とさのうみ)」や、「漁火(いさりび)」など計5曲を披露する。

 午後5時半~7時。参加無料だが、入館料500円(一般)と事前申し込み(先着30人)が必要。申し込み、問い合わせは高知県立坂本龍馬記念館(088・841・0001)へ。

カテゴリー: 文化・芸能


ページトップへ