2017.02.02 08:18

高知県の中村高校の甲子園出場へ 寄付や応援ツアー募集

 高知県立中村高校の選抜高校野球大会出場決定を受け、中村高校のPTAや野球部OB会など5団体が2月1日までに、支援組織を立ち上げた。募金活動や応援ツアーで選手を支え、地域の盛り上げを図る。

 このほど開かれた設立総会で活動の一本化を決めた。組織名は「中村高校野球部甲子園出場支援実行委員会」とし、同窓会長の前田典昭氏が会長に就任した。宗崎計幸・PTA会長、則雅司・野球部OB会長、松岡勲・「中村高校野球部を支援する会」会長、岡上司・野球部保護者会長を、それぞれ副会長に選んだ。

 総会では、募金活動の実施▽応援ツアーの募集▽横断幕の作成▽3月12日に壮行会を開催▽甲子園出場の記念誌・記念碑の製作―を決めた。

 募金活動は、奉加帳形式で寄付を募る。保護者と同窓生には文書を送り、金融機関へ振り込む形で依頼する。

 応援ツアーは、3月10日に大会日程が決まった翌日、高知県立中村中学・高校や四万十市のWebサイト、四万十市のフェイスブックに応募方法を掲載する。インターネットやファクスなどで受け付ける予定。

 また、今後の情報は随時、中村高校や四万十市のWebサイトに掲載する方針。問い合わせは中村高校に開設された中村高校野球部甲子園出場支援実行委員会事務局(0880・34・5277)へ。

 前田会長は「多くの方から注目していただいている。地域が一体となれるよう、選手たちをバックアップしたい」と話している。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ選抜高校野球スポーツ幡多


ページトップへ