2017.01.27 15:05

高知の中村高校が40年ぶりセンバツ高校野球に出場

40年ぶりのセンバツ甲子園出場を決めた中村高校野球部。部員16人が聖地に新たな旋風を起こせるか (四万十市中村丸の内の中村高校新グラウンド)
40年ぶりのセンバツ甲子園出場を決めた中村高校野球部。部員16人が聖地に新たな旋風を起こせるか (四万十市中村丸の内の中村高校新グラウンド)
 第89回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が1月27日、毎日新聞大阪本社で開かれ、高知県勢の中村高校が「21世紀枠」で選出された。

1977年センバツに初出場し準優勝した中村。山沖之彦投手ら部員12人の戦いぶりは「二十四の瞳」とたたえられた(1977年4月7日、甲子園)
1977年センバツに初出場し準優勝した中村。山沖之彦投手ら部員12人の戦いぶりは「二十四の瞳」とたたえられた(1977年4月7日、甲子園)
 中村高校のセンバツ出場は、山沖之彦投手(元阪急など)ら部員12人で初出場、準優勝を果たし「二十四の瞳」旋風を巻き起こした1977(昭和52)年以来、40年ぶり2度目。

秋季四国地区大会高知県予選決勝で、明徳義塾を破って40年ぶりの優勝を果たし、喜びに沸く中村ナイン (2016年10月9日、高知市の春野球場)
秋季四国地区大会高知県予選決勝で、明徳義塾を破って40年ぶりの優勝を果たし、喜びに沸く中村ナイン (2016年10月9日、高知市の春野球場)
 中村は2016年の秋季四国地区大会高知県予選で優勝。四国大会は初戦の準々決勝で延長戦の末に敗れたが、21世紀枠の高知県代表に推薦された。2016年11月の四国地区選考会では、地域の応援や文武両道の実践、練習環境のハンディを克服していることなどが評価され、四国地区候補に選出されていた。

1977年以来2度目のセンバツ出場の原動力となったエース北原野空(のあ)。甲子園でも、その右腕にチームの浮沈がかかる(2016年10月9日、春野球場)
1977年以来2度目のセンバツ出場の原動力となったエース北原野空(のあ)。甲子園でも、その右腕にチームの浮沈がかかる(2016年10月9日、春野球場)
再び中村旋風を
 高知県からの21世紀枠出場は2013(平成25)年の土佐高校以来2校目。
 第89回選抜高校野球大会は3月19日から12日間、甲子園球場で開催。組み合わせ抽選会は3月10日に毎日新聞大阪本社で開かれる。








関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ選抜高校野球スポーツ

ページトップへ