2017.01.13 14:30

坂本龍馬暗殺5日前の直筆手紙発見 高知の幕末維新博で公開へ

坂本龍馬直筆と確認された手紙(高知県提供)
「新国家」の財政重視
新政府に由利公正推挙


 坂本龍馬が暗殺される5日前に書いたと推定される手紙が見つかり、高知県が1月13日、東京都内で記者発表した。1867年の大政奉還直後の混沌(こんとん)とした政局で、龍馬が書状の中で初めて「新国家」という言葉を使って、新政府の財政担当者に福井藩士の三岡(みつおか)八郎(後の由利公正)を出仕させるよう福井藩重役に懇願する内容。鑑定した宮川禎一・京都国立博物館上席研究員は「龍馬が死の直前まで新国家づくりにまい進したことが分かる」と高く評価。3月4日に開幕する「志国高知 幕末維新博」の会場となる高知県立高知城歴史博物館(高知市追手筋2丁目)で初公開される。

 龍馬直筆の手紙は縦16・3センチ、横92・5センチ。本文末に年号なしの「十一月十日」とあり、内容から慶応3(1867)年と考えられる。前福井藩主・松平春嶽側近の中根雪江(ゆきえ、せっこう)に宛てた。龍馬はこの5日後、11月15日に京都・近江屋で暗殺される。
 龍馬は1867年10月、春嶽宛ての山内容堂の書状を持ち福井を訪れ、藩内抗争で幽閉中だった三岡とも面会。2014年に発見された後藤象二郎宛ての手紙「越行の記」の草稿などにより、二人がそこで新政府の財政について論じたことが分かっている。
...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能坂本龍馬主要幕末維新博文化観光

ページトップへ