2017.01.12 18:10

円上昇、一時114円前半 1カ月ぶり高値

 12日の東京外国為替市場は、トランプ次期米大統領が記者会見で具体的な経済政策に言及しなかったことへの失望感から、円買いドル売りの流れが強まった。円相場は一時1ドル=114円16銭まで上昇、昨年12月上旬以来、約1カ月ぶりの円高ドル安水準をつけた。

 午後5時現在は、前日比1円74銭円高ドル安の1ドル=114円30~32銭。ユーロは1円02銭円高ユーロ安の1ユーロ=121円50~54銭。

 トランプ氏の会見では減税などの経済対策について踏み込んだ発言がなく、米国の景気の先行きに対する強気な見方が後退した。
カテゴリー: 経済

ページトップへ