2017.01.02 08:00

東京五輪を目指す トライアスロン・高知市出身の高橋世奈さん

瀬戸内海沿いの道を走る高橋世奈さん。「すべての(種目の)力を上げていきたい」と言う(愛媛県今治市)
瀬戸内海沿いの道を走る高橋世奈さん。「すべての(種目の)力を上げていきたい」と言う(愛媛県今治市)
 2020年、東京五輪・パラリンピック。故郷を離れ、鍛える高知県出身選手がいる。夢の舞台まで約3年半。初出場を狙う選手を取り上げ、それぞれの「TOKYO物語」に迫る。

 【トライアスロン】高橋世奈(たかはしせな)さん
 高知市出身。小高坂小時代から水泳、陸上は高知県内トップクラス。城北中、山田高、仏教大では全国の駅伝大会などに出場。2016年3月、日本食研に入社し、本格的に競技を始めた。23歳。

成功のこつコツコツ
 本格的にトライアスロンを始めて1年足らず。無名だった新人があれよあれよという間に世界へ躍り出た。それでも高橋世奈さんは「運も味方してくれて、ラッキーが続いただけ。結果と実力が伴ってない」。ここからが本番と、冷静に先を見ている。

 西日本唯一の実業団チーム、日本食研(本社=愛媛県今治市)所属。2016年7月の日本U23選手権で準優勝すると、出場権を得た世界U23選手権(メキシコ)では日本人最上位の20位。10月の日本選手権(東京)は3位。ワールドカップ最終戦(宮崎)は7位で、日本人でリオ五輪出場の上田藍選手に次ぐ2位の好成績。一躍、注目を集め、相沢義和監督も「予想以上。100点以上」と驚く1年になった。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: スポーツ東京五輪スポーツ


ページトップへ