2017.01.02 08:00

東京五輪を目指す 柔道・高知県佐川町出身の池絵梨菜さん

「東京五輪はいつも頭のどこかにある」と話す池絵梨菜さん(東京・国士舘大)
「東京五輪はいつも頭のどこかにある」と話す池絵梨菜さん(東京・国士舘大)
 2020年、東京五輪・パラリンピック。故郷を離れ、鍛える高知県出身選手がいる。夢の舞台まで約3年半。初出場を狙う選手を取り上げ、それぞれの「TOKYO物語」に迫る。

 【柔道】池絵梨菜(いけえりな)さん
 高知県佐川町出身。5歳の時、佐川少年柔道クラブで柔道を始め、香長中、東大阪大学敬愛高を経て国士舘大。柔道世界ランキング女子70キロ級27位(2016年12月11日現在)。日本人では3位。20歳。

一戦一戦全力尽くす
 柔道の世界ランキング27位。大学女王。そして国士舘。そういう強さにまつわる種類のキーワードを聞いて会いに行った池絵梨菜さんは、こちらの勝手な想像とは真逆のふんわりガール。柔らかさの中にも強い芯(しん)を持ったアスリートだった。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: スポーツ東京五輪スポーツ


ページトップへ