2017.01.02 08:00

東京五輪を目指す 陸上長距離・高知県須崎市出身の鍋島莉奈さん

「もっと練習して記録を縮めたい」と走り込む鍋島莉奈さん(東京都内)
「もっと練習して記録を縮めたい」と走り込む鍋島莉奈さん(東京都内)
 2020年、東京五輪・パラリンピック。故郷を離れ、鍛える高知県出身選手がいる。夢の舞台まで約3年半。初出場を狙う選手を取り上げ、それぞれの「TOKYO物語」に迫る。

【陸上・長距離】鍋島莉奈(なべしまりな)さん
 高知県須崎市出身。山田高校で活躍後、鹿屋体育大で2012、2014年の日本学生個人選手権5000メートルで優勝。2014、2015年の日本学生対校選手権1万メートルを連覇。2016年春、日本郵政入社。23歳。

日本記録更新の先に
 高知県女子長距離のエースの復活に、心躍らせた県民も多かっただろう。2016年11月、仙台市の全日本実業団対抗女子駅伝。日本郵政グループの5区鍋島莉奈が、先頭を争っていたリオ五輪マラソン代表選手を突き放し、チームを初優勝に導いた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 東京五輪スポーツスポーツ


ページトップへ