2018.01.15 08:25

人気声優トークに1500人 龍馬書簡貸与で“特使”高知へ

アニメ「ガールズ&パンツァー」の声優によるトークショー(JR高知駅前のこうち旅広場)
アニメ「ガールズ&パンツァー」の声優によるトークショー(JR高知駅前のこうち旅広場)
 人気テレビアニメ「ガールズ&パンツァー」の声優4人のトークショーと、茨城県大洗町から高知県立坂本龍馬記念館に貸し出される史料の目録の贈呈セレモニーが14日、高知市のJR高知駅前の「こうち旅広場」で開かれ、集まった約1500人を沸かせた。

 訪れたのは、作中で龍馬を敬愛する「おりょう」役の大橋歩夕(あゆる)さんと、仙台エリさん、森谷里美さん、井上優佳さん。

 アニメの舞台となった大洗町の「幕末と明治の博物館」は龍馬の書簡4通を所蔵。このうち土佐藩要職を務めた佐々木高行宛ての3通を貸与するのに合わせ、4人は“特使”として来高した。

 桂浜や播磨屋橋、日曜市などを巡ったという4人は「すてきな風景と人の温かさに感動しました」と笑顔。

 ステージ上で同記念館の高松清之館長に目録を贈呈。作中では歴史に詳しい女子高生役を演じるが、「実際はあまり歴史に詳しくないんです」などの発言も飛び出し、会場を沸かせた。

 ショーを終えた大橋さんは取材に「今で言えば龍馬は『俺についてこい』っていうタイプの人かな。一緒に食事したら楽しそうですね」と話していた。

 書簡は同記念館で10月下旬から12月下旬に展示される。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 坂本龍馬文化・芸能高知中央文化


ページトップへ