2018.01.14 08:30

高知市で「2回目の成人式」 「ヤジ一喝」橋本前知事がメッセージ

「怒鳴って怒るのは初めてでどきどきしていた」と振り返る橋本大二郎氏(13日午後、高知市の県民体育館)
「怒鳴って怒るのは初めてでどきどきしていた」と振り返る橋本大二郎氏(13日午後、高知市の県民体育館)
 2017年度に40歳を迎える人たちが集まった「2回目の成人式」が13日、高知市桟橋通2丁目の県民体育館で開かれた。この世代の祝辞と言えば、騒ぐ新成人を一喝した橋本大二郎前知事。そんな“思い出”から出た企画として、橋本氏にメッセージをお願いすると…。

 近年は全国的に落ち着きつつあるが、20年ほど前の成人式は新成人が騒ぐなどして荒れる様子が話題となり、01年には本県でもヤジを飛ばした新成人に橋本氏が「静かにしろ!」「出て行け!」と一喝し、全国的なニュースになった。

 今年が4年目の「2回目―」の実行委員会のメンバーが「僕らの世代で成人式と言えば大二郎前知事」と発案。今年の出席者は一喝された年回りではないが、橋本氏にビデオメッセージでの出演を快諾してもらった。

 12日に71歳になった橋本氏は約600人を前に、01年の一喝後の後日談を披露。「怒りっぽい、怖い人というイメージを持たれた」としつつも「『若い人にきちんと意見を言える大人だ』と評価してくれる人もいて、後々の人生ですごく役に立った」と振り返った。

 その上で「ぽっと出た言葉が評価されたり、不評を買ったりすることがある。皆さんも何か起きた時に間違いのない言葉が出るよう、研さんを積んでほしい」と激励した。

 実行委員長の高橋達巳さん(39)は「僕も成人式で橋本前知事にヤジを飛ばした。若気の至りで申し訳なかったけど、メッセージをもらえてありがたいし、懐かしい」と感激していた。

カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ