2018.01.14 08:15

ソフトボール優勝請負人・弘瀬拓生さん 指導の秘密活字に 高知

今春、全国高校選抜大会に県代表で出場する古巣の岡豊高を訪ね、激励の指導をする弘瀬拓生さん(南国市岡豊町中島)
今春、全国高校選抜大会に県代表で出場する古巣の岡豊高を訪ね、激励の指導をする弘瀬拓生さん(南国市岡豊町中島)
 高知が生んだソフトボールの名投手、そして名監督の弘瀬拓生さん(60)=昨春まで春野高校教頭=が50年間のソフト人生と、勝つためのノウハウを本にまとめる作業に取り組んでいる。素人同然で名門、日本体育大ソフトボール部に入り、血を吐くような努力で主力投手に。卒業後は岡豊高校を全国的名門に育て上げた。その波乱の足跡と、勝ち抜くための“企業秘密”を、定年退職を機に公開する。中には、高知県ソフトボール界の大御所だった故・弘瀬勝氏(2004年死去=元土佐闘犬センター代表)との“不協和音”のエピソードも織り交ぜ、関係者にとってはさまざまな意味で興味深い本となりそうだ。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: スポーツ


ページトップへ