2018.01.13 15:10

高知県内「子ども食堂」50カ所突破 多世代の「みんなの居場所」に

大勢の親子でにぎわう「水曜校時カフェ」(高知市中万々の地域交流センター城北)
大勢の親子でにぎわう「水曜校時カフェ」(高知市中万々の地域交流センター城北)
 子どもや保護者に無料や低額で食事を振る舞う「子ども食堂」が高知県内で50カ所を超えた。1年半前の4市7カ所から10市8町51カ所へ拡大。参加条件を限定しない運営者が多く、食を通じて「みんなの居場所」づくりを目指す動きが広がっている。

高知県内の子ども食堂・居場所マップ
高知県内の子ども食堂・居場所マップ
 ハンバーグが焼ける香りに誘われるかのように、児童たちが階段を駆け上がる。高知市の万々商店街にある「地域交流センター城北」で1年前から毎週水曜日に開かれている「水曜校時カフェ」。運営する「こども食堂こうち実行委員会」の秦泉寺あや代表(64)が大きく手を広げると、男の子が胸に飛び込んだ。

 10~70代のボランティア十数人が調理や子どもの世話に分かれてあたる。やって来る児童の動機はさまざま。「みんなと遊べて楽しいき、来る」「料理がおいしい」「親の仕事が遅いき、ここで食べる」。大学生や中高生を見習って、調理の補助や皿洗いを手伝う児童も多い。

 午後5時半を過ぎると、親子連れがどっと増えた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会教育


ページトップへ