2018.01.03 08:15

いい湯だな薪風呂健在 高知県内全市町村 火消えず

 夕刻に煙突から薪風呂の煙。ビニールハウスには焚き付け用に乾かしたコウゾの木 (いの町上八川甲)
夕刻に煙突から薪風呂の煙。ビニールハウスには焚き付け用に乾かしたコウゾの木 (いの町上八川甲)
樹木を燃料にする薪(まき)風呂で暮らす人は、現代にどれ程いるのか。本紙記者が高知県内で手分けして調べたところ、薪を風呂の主たる燃料とする世帯は高知市を含め全34市町村にあり、少なくとも170軒以上は薪のみの風呂を使っていることが分かった。森林が占める面積の割合が全国一高い高知県。山の資源に根差す暮らしは、今も滅びていない。薪風呂は体の芯からジンと温まるという。年末年始、夕刻の煙突から立ち上る、熱い煙を追い掛けた。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 社会主要高知中央安芸


ページトップへ