2018.01.03 09:00

昨年の交通事故死 最少29人 減少率は全国5位 高知県内

 
高知県警は2日、2017年の県内の交通事故による死者数が前年比13人減の29人で、統計が残る1952年以降で最少だったと発表した。死者のうち65歳以上の高齢者は16人で前年から10人減少。夜間の発生は14件とほぼ半減した。事故死者の減少率(昨年12月27日現在)は34・1%と全国で5番目だった。...


...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購読のお申し込みはこちらから


カテゴリー: 主要社会


ページトップへ