2017.12.28 08:15

金運に御利益ある? 高知県四万十市で黄色の弁天ナマズ公開

公開中の黄色いイワトコナマズ(四万十市具同)
公開中の黄色いイワトコナマズ(四万十市具同)
 高知県四万十市具同の四万十川学遊館あきついおで、全身黄色の珍しいイワトコナマズが展示されている。琵琶湖などの固有種で通常は黒褐色。色素変化でまれに見つかる黄色の個体は「弁天ナマズ」と呼ばれ、縁起が良いとされる。来年1月8日まで。

 四万十川学遊館あきついおが3年前、京都市の水族館から譲り受けた。水槽の前には鳥居やお供え物が設置され、厳かな雰囲気に。黄色は黄金につながることから、四万十川学遊館は「金運と掛け、幸運にあやかってほしい」とPRしている。ただ、「人気者だが、緊張すると色が黒くなる」(四万十川学遊館)ため、1年の大半はバックヤードで穏やかに過ごし、公開はこの時期だけだ。

 また、館内ではストラップ型の「開運ビーズトンボ」10種を新たに販売。1億数千万年前からほぼ同じ形態であるムカシトンボの商品は長寿祈願用で、トンボの特性にちなんだ幸運を願っている。1個500円。

カテゴリー: 主要社会幡多


ページトップへ